〒673-0878 兵庫県明石市山下町7-20

078-913-2202
トップページ診療時間・地図医院紹介診療案内お問い合わせ

兵庫県 明石市 歯科 歯医者 小児歯科 レーザー治療 口臭予防 ホワイトニング 非抜歯矯正 定期検診

乳幼児期

明石駅の米澤小児歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ インビザライン・ティーン

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます

あかし子育て応援企業
トップページ»  乳幼児期

早いうちからケアを習慣化しよう

子どもはなぜ虫歯になる?

子どもはなぜ虫歯になる?

生まれたての赤ちゃんのお口の中には実は虫歯菌がいないことを知っていますか?実は、大人が赤ちゃんにキスをしたり、大人が使ったお箸で食べ物を与えたりすることで赤ちゃんに虫歯菌がうつるのです。
それでも赤ちゃんとのスキンシップは大事ですし、なかなか完全に虫歯菌を移さないようにするというのは難しいものです。
1歳半の検診では虫歯のあったお子さんは2%だったのが、3歳の検診では20%に増えているという結果が出ています。わずか1歳半~3歳までの間に虫歯がある子が10倍に増えたということです。
当院ではお母さんにはしっかり赤ちゃんとスキンシップをとってほしいから、口内を健康に保つ習慣をつけるようにしてほしいと思っています。当院がお勧めするのは、2歳の時に仕上げ磨き、間食のルール(だらだらと食べない、食べる時間を決めるなど)に慣れさせるという習慣をつけることです。この習慣で、お子さんの歯への意識を高めることで今後変わってくるものがあるのではないでしょうか?

この時期の予防

必要に応じて「口を開ける」習慣を

歯がまだ生えていなくても毎食後はガーゼで口の中を拭いてあげましょう。その時、お母さんが赤ちゃんのお口の中を見てあげる習慣をつけましょう。口を開くことへの抵抗をなくすことで、歯医者さんでもスムーズな診察ができるようになります。

3歳から「自分で歯磨き」と「仕上げ磨き」

3歳になったら、お子さん自身に歯磨きをさせてみましょう。下手でも構いません。ここで大切なのは「自分で磨く」という習慣をつけさせること。もちろん、そのあとに大人が仕上げ磨きをしてあげてください。歯磨きタイムは歌を口ずさんであげるなど工夫し、「歯磨きは楽しいもの」という印象を持たせてあげましょう。

乳歯の虫歯は放置しないで!

「乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫」なんて思っていませんか?とんでもありません。乳歯の健康は、その後生えてくる永久歯の状態やあごの成長にも大きくかかわるのです。乳歯だからといって軽視するのではなく、定期的に歯科検診を受けさせてあげましょう。

予防歯科、定期検診なら米澤小児歯科へ

予防歯科、定期検診なら米澤小児歯科へご相談ください。全診療室を個室でご用意しておりますので、お気軽にご来院ください。

米澤小児歯科医院 電話番号 078-913-2202
予防メニュー 何故予防歯科が必要なの? Dr.よねざわプレゼンツ!予防プログラム 予防歯科って何するの? 症状は進行具合で処置は変わる 乳幼児期 学童期 成人期 妊娠期 親子deホワイトニング 患者様の声